四季を感じるすまい

 

窓を開けると心地よい風が室内を通り抜ける
新緑が香り 色とりどりの花たちがゆれる

 

朝露の降りた緑木に太陽が光をそそぐ
夕立が過ぎ 涼風が心地よく吹き抜ける

 

楓の紅 銀杏の黄金色
衣替えし始めた山々に木枯らしが吹く

 

燻る薪ストーブの炎 やわらかな陽射しのさす窓辺
風花が雪のかけらを運ぶ
やがて恵風へと変わり小さな芽をふくらませる

 

自然とともに暮らす何気ない毎日

そんな四季を感じる生活 そして「すまい」

「軒」のあるすまい

 

日本建築の象徴「軒」

太陽の高い夏は日差しを遮り

低い冬は光を十分に取り込む

そして雨の進入を防ぐ機能的な「軒」

陽の恩恵を受け 通り抜ける風を感じながらくらす

 

ときには「軒」の元で雨音をじっくり聴いてみませんか?

日々思うこと

 

日本特有の住宅建築といえば、部屋の仕切りは襖と障子。
家族の気配を感じ、ともに暮らしているという意識のなかで、
食卓を囲み、同じテレビを見て笑いあう。

いつからか各室が隔離された密室空間に・・・。

子供が育つ環境、ほんとうにそれでよいのでしょうか。

日本人としての規律を培う生活、家族がふれあえる生活、
原点にもどりそんな当たり前の生活を
「すまい」を通してご提案していきたいと考えております。