■ゼロエネルギー住宅(ZEH)とは

ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy Houseの略で、住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、また太陽光発電などでエネルギーを創り出すことにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支が正味ゼロまたはゼロ以下の住宅のことです。当社は、温室効果ガス削減に貢献でき、地球環境にやさしい暮らしをめざし、ZEHに対応できる住まいづくりに取り組んでいます。

■国の省エネルギー施策のロードマップ

国のエネルギー政策の基本的な方向性を示した「エネルギー基本計画」には、業務・家庭部門の省エネ強化策として以下の事項が盛り込まれています。
◇2020年までに新築住宅・建築物について段階的に省エネルギー基準の適合を義務化する。
◇より高い省エネルギー性能を有する低炭素認定建築物の普及促進を図る。
◇2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す。
※ハウスメーカー、工務店等が施工する新築戸建住宅の過半数がZEHとなること。

■ZEH普及目標と実績

2016年度
2017年度
2018年度
2019年度
2020年度
実績(年間建築総数)
ZEH普及目標
5件
4件
50%
75%
100%

■ZEHの周知・普及に向けた具体策

当社のホームページにてZEH商品を掲載したり、希望者には現場見学会を行うなどして、省エネルギーでの住まいづくりや自然エネルギーの取り入れ方を提案していきます。

■ZEHのコストダウンに向けた具体策

設備や再生可能エネルギーに全面的に頼るのではなく、通風や太陽の光、また自然エネルギーを取り入れたパッシブ手法を採用し、イニシャルコストやランニングコストの低減を行います。

■その他の取り組み

地域に密着して事業展開を行っていきます。地域の特性を考慮した自然エネルギーの取り入れ方を提案し、低炭素住宅の実現へ寄与していきます。